@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

VPS や Vagrant などを使っていて、 ext4 のルートパーティションが自動でディスクいっぱいまで拡張されて、他のパーティションを作りたいのに空き容量がないということがあります。 そういうときに resize2fs で縮小したくても、ルートパーティションはアンマウントできないので、拡張はできても縮小はできません。 手元の実環境なら、別のディスクから起動して操作するのも可能ですが、環境によってはそれも難しいです。

Ruby の最近の変更で間違って使われていることが多い ENV.dup で例外が発生するようになり、 ENV.clone で警告がでるようになりました。 問題なくこのままリリースされれば Ruby 3.1 からこの挙動になります。

GitHub Actions の ubuntu-latest が ubuntu-18.04 から ubuntu-20.04 に変わっても影響ないだろうと思っていたところが影響を受けていたので、その対応をした話です。

最近 Implicit TLS で Submission port に接続してエラーになって送信できない、という話を複数みかけたので、 そういうときに使えるように、多少まとまった解説を書いておきます。