@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

systemd 240 あたりから PermissionsStartOnly は deprecated になっていて、 Prefix (ExecStart=+ の + など) を代わりに使えば良いと twitter で教えてもらったので、 Prefix について調べてみました。

現在の ruby では ChangeLog ファイルはバージョン管理対象には入れず、 tarball 生成時に make ChangeLog (相当) で作成するようになっています。 その時にgit-notesを使って多少の修正が できる仕組みが入っています。

Zabbix 5.0 LTS では Slack への通知にネイティブで対応しているので、 使ってみようとしたところ、 はまりどころが多かったのですが、 使えるようになったので、そのメモです

Ubuntu 18.04.4 LTS (bionic) でカーネルが linux-image-4.15.0-101-generic から linux-image-4.15.0-106-generic に更新されたところ、 wireguard-dkms でのカーネルモジュールのビルドが失敗して wireguard での接続ができなくなっていたので、 応急処置をして復旧しました。