@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

GitHub Actions の ubuntu-latest が ubuntu-18.04 から ubuntu-20.04 に変わっても影響ないだろうと思っていたところが影響を受けていたので、その対応をした話です。

最近 Implicit TLS で Submission port に接続してエラーになって送信できない、という話を複数みかけたので、 そういうときに使えるように、多少まとまった解説を書いておきます。

Ruby 3.0.0 がリリースされた影響でdocs.ruby-lang.orgのシステム側でいくつか対応が必要でした。 その対応が一通り終わったので、そのメモです。

先週、 Ruby 3.0.0 リリース前に typeprof をちょっと試してみようと思って sample のファイルで試していたらバグをみつけたので直したときの話です。

Debian GNU/Linux 10 (buster) の OpenSSL 1.1.1d の環境だと一部のサイトで「dh key too small」になってつながらないのですが、 ciphers に DEFAULT:!DH を設定するとつながるので、 open-uri 経由でも ciphers を設定したかったというのが発端です。

Mac App Store から入れている WireGuard が 1.0.10 にあがって、 「有効化に失敗」「トンネルオブジェクトにネットワーク設定を適用できません」 と出て繋がらなくなってしまって困っていたのですが、回避方法を発見して繋がるようになりました。

全バージョンの ruby の動作を比較するのに便利な all-ruby というものがあります。 そのイメージが docker hub だけではなく ghcr.io からも pull できるようになったという話です。 この記事はQiita のアドベントカレンダーの記事として投稿したものの転載です。