@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

最近の HTML5 の getUserMedia API でカメラの画像をブラウザ上で処理できるようになったということで、 専用のバーコードリーダー機器を買ったり、 モバイル機器で専用のアプリを入れたりしなくても、 ノートPCの内蔵のカメラでも使えるバーコードリーダーを作ってみました。

spring rails console で pry を使っていて pager を起動するような出力をしたときに /dev/tty: Device not configured になることがあったので原因を調べてみました。 結論としてはタイトルに書いてありますが、 spring と lv の組み合わせが原因でした。

rails 4 に対応している認可のライブラリとして cancan からの移行先候補を選ぶために the_role と pundit という gem を試してみました。

doorkeeper gem で API を作る方は doorkeeper-provider-app というサンプルの app/controllers/api/ 以下などをみればすぐにわかったのですが、 API を呼び出す方は OmniAuth の中でユーザーの情報を取り出す だけならすぐに出来たのですが、 コントローラーの中など呼び出す方法は doorkeeper-devise-client を見てもよくわからなかったので、まとめてみました。

昨日の記事で jquery_mobile_rails 1.3.2 で画像ファイルが rake assets:precompile で処理されないという話を書きましたが、 jquery-ui-rails gem などは Gemfile に足すだけで特に require などをしなくても 画像が処理されていたので違いを調べてみました。