matterbridge という「bridge between mattermost, IRC, gitter, xmpp, slack, discord, telegram, rocket.chat,hipchat (via xmpp), steam, twitch, ssh-chat and matrix with REST API」という説明のいろんなチャットのブリッジができるものを IRCnet と freenode 間で発言を転送するのに使ってみています。

対象バージョン

  • Raspbian GNU/Linux 9.4 (stretch)
  • Matterbridge v1.9.0
  • ruby 2.3.3p222 (2016-11-21) [arm-linux-gnueabihf]

iso-2022-jp 対応

Matterbridge の使っている go-charset が iso-2022-jp には対応していないので、 nkf-proxy.rb というのを作って回避することにしました。 ついでに nkf の –fb-xml で utf-8 にはあるけど iso-2022-jp にはない文字は数値文字参照になるようにしました。

さらに汎用化して ansible-playbook の一部にしたものが nkf-proxy.rb にあります。

matterbridge.toml 作成

以下のような感じで設定しました。 2点間の接続なら自明かと思って、 RemoteNickFormat<{NICK}> だけにしてしまいました。

他のチャンネルも設定していて、そちらには発言があるのですが、 nadoka jp や ruby-ja は最近ほぼ発言なしなので、 意味があるのかどうかは謎です。

[irc]

[irc.freenode]
Server="chat.freenode.net:6697"
Password=""
UseTLS=true
Charset=""
Nick="mattaribridge"
RemoteNickFormat="<{NICK}> "

[irc.ircnet]
Server="localhost:6668"
Charset=""
Nick="mattaribridge"
RemoteNickFormat="<{NICK}> "

[general]
RemoteNickFormat="[{PROTOCOL}/{BRIDGE}] <{NICK}> "

[[gateway]]
name="nadoka-gateway"
enable=true
[[gateway.inout]]
account="irc.freenode"
channel="#nadoka_jp"
[[gateway.inout]]
account="irc.ircnet"
channel="#nadoka:*.jp"

[[gateway]]
name="ruby-ja-gateway"
enable=true
[[gateway.inout]]
account="irc.freenode"
channel="#ruby-ja"
[[gateway.inout]]
account="irc.ircnet"
channel="#ruby-ja"

mattaribridge の IRC での挙動

普通の発言 (PRIVMSG) は転送されるのですが、 bot の発言 (NOTICE) や JOIN や QUIT などは転送されないようです。 設定で変更できるのかもしれませんが、 README や Wiki などをみた限りでは設定項目は見つけられませんでした。

今後の予定

気が向いたら mattermost や slack なども試してみるかもしれません。

Disqus Comments

Kazuhiro NISHIYAMA

Ruby のコミッターとかやってます。 フルスタックエンジニア(って何?)かもしれません。 About znzに主なアカウントをまとめました。

znz znz


Published