@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

gitolite から gitolite3 への移行

| Comments

Ubuntu 14.04.5 (trusty) から 16.04.3 (xenial) に更新したら、 gitolite パッケージが消えてしまって、 gitolite3 で設定し直す必要がありました。

環境

  • Ubuntu 14.04.5 (trusty) から 16.04.3 (xenial)
  • gitolite 2.3-1 から gitolite3 3.6.4-1

gitolite3 パッケージのインストール

「gitolite のアクセス設定を管理するユーザの鍵を指定」では「gitolite version 2.x から移行する場合は空白にしてください。」と書いてあったので空欄のままにしました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
% sudo apt install gitolite3
[sudo] password for adminuser@ns6:
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
  libcommon-sense-perl libjson-perl libjson-xs-perl libtypes-serialiser-perl
提案パッケージ:
  git-daemon-sysvinit gitweb
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  gitolite3 libcommon-sense-perl libjson-perl libjson-xs-perl libtypes-serialiser-perl
アップグレード: 0 個、新規インストール: 5 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
292 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 970 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n]

migrate

migrating from gitolite v2 をみると gitolite-admin/conf/gitolite.conf で NAME/ ルールを使っている場合は書き換えが必要とありましたが、 RW+R しか使っていなかったので、そのままで大丈夫そうでした。

移行手順には、はっきりとは書いていませんでしたが、後は gitolite setup を実行するだけでした。

1
2
3
4
5
6
% sudo su - git
$ gitolite setup

FATAL: '/home/git/.gitolite.rc' seems to be for older gitolite; please see
http://gitolite.com/gitolite/migr.html
$

-pk で公開鍵を指定しても同じエラーでした。

.gitolite.rc は変更した覚えがなかったので、リネームして再実行したところ、正常終了しました。

1
2
3
$ mv .gitolite.rc .gitolite.rc.v2
$ gitolite setup
$

その後、 ssh 経由で接続確認したところ、問題なく使えるようになっていました。

まとめ

gitolite3 への移行手順の情報があまりなかったようなので、書いてみました。 基本的には gitolite3 パッケージを入れて gitolite setup を実行するだけでした。

Comments