@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

Rails Developers Meetup 2017 大阪会場に参加しました

| Comments

Rails Developers Meetup 2017 大阪会場 に参加しました。

会場

前にきたことがある場所より広い部屋でした。

レールの伸ばし方

Professional Rails on ECS

  • http://joker1007.hatenablog.com/entry/2017/12/09/155456
  • 1年分の知見のまとめ
  • 発表時間がたりないので後日ブログにまとめる予定
  • k8s が覇権をとった感じでつらい
  • Fargate とか EKS とか
  • Docker イメージは production と staging は同じで development はわける
  • 少しの間、中継が切れてた
  • assets:precompile が鬼門のひとつ
  • prehook
  • 秘匿値の扱い
  • 設定ファイル自体を暗号化してつっこんでいる
  • yaml_vault
  • KMS を利用すると権限を IAM で管理できる
  • 開発環境は docker-compose と volumes で
  • mac はボリュームマウントが遅い
  • Gentoo がおすすめ
  • 開発環境は Docker 環境の中に zsh なども入れて便利にしている
  • ECS の説明: TaskDefinition とか Service とか
  • https://github.com/reproio/ecs_deploy
  • Capistrano を使っている理由: 既存資産があるなど
  • 個人別ステージング環境へのデプロイ
  • 苦労話なので略
  • auto scale
  • コマンド実行 https://github.com/reproio/wrapbox
  • ログは papertrail 経由
  • db:migrate → ridgepole
  • diff があれば手動で DDL 発行
  • テストと CI は別発表資料参照
  • 質疑応答はなし

ざっくり学ぶ言語のしくみ

RSpec しぐさ

  • https://www.slideshare.net/takafumionaka/rspec-83693226
  • テスト駆動開発の付録C
  • BDD はテストではなく設計技法なので語彙を変えた
  • assertion → expectation など
  • Given, When, Then
  • should から expect に変わった
  • 最後の方がちょっと切れた

Enter the OSS world [RuboCop] II. lost boundary

Randomly Failing Specs

  • https://www.slideshare.net/sinsoku/randomly-failing-specs
  • 稀に落ちるテスト → 稀に通るテストになる
  • ランダム値を使うテスト
  • Faker の値は意外とかぶる
  • Faker の unique メソッド
  • FactoryBot の sequence で良いことも多い
  • グローバルなものをいじるもの
  • stub_const のわな
  • Capybara + JavaScript
  • 途中終了

休憩

飛び込み LT

Vim and Ruby

GMOペパボの Rails & Vue.js プロダクト開発の現場

  • https://speakerdeck.com/kymmtchan/rails-developers-meetup-2017
  • カラーミーリピート
  • Rails + Vue.js を Heroku で
  • インセプションデッキ
  • ドラッカー風エクササイズ
  • 類似サービスのモデリング
  • 松江合宿
  • 日々の開発
  • 1週間スプリントのスクラム(っぽい)開発
  • ユーザテスト
  • (夏の)自由研究
  • 一部ページで SSR
  • 新規プロジェクトへの Vue.js x SPA x SSR の導入
  • Rails 5.1 API モード
  • sidekiq, sidekiq-scheduler
  • API 定義を活用した開発: スキーマファースト開発
  • OpenAPI : API 仕様記述フォーマット
  • 他には API Blueprint や RAML など
  • Swagger 2.0 == OpenAPI 2.0
  • API 定義の具体的な話
  • チームレビュー
  • 開発
  • スタブサーバー
  • 自動で整合性チェックする gem
  • assert_schema_conform の呼び出しを prepend で差し込んだ
  • API 定義と結合
  • 質疑応答

Vue.js の話はなかった。

作らない技術

「Railsでまだ消耗しているの?」 ─僕らがRailsで戦い続ける理由─

Rails on Dockerとの戦い

  • https://www.slideshare.net/ssuser21f9f1/rails-on-docker
  • モチベーションはアプリケーション規格の統一化
  • 何が easy かは人による
  • シェルスクリプトでラップした
  • docker for mac つらい
  • 楽をしたいのが目的なので docker であることにはこだわらない
  • だいじなことは「できる」こと
  • CI 環境もデプロイ環境もクラウドがおすすめ
  • レビューしやすい : git worktree → docker-compose build, up

Railsを学び、現場に入るまで

Rancherで作るお手軽バッチ処理環境

休憩

Rails で人狼を作ってみた

Rails SQL

  • https://speakerdeck.com/jnchito/rails-sql-number-railsdm
  • Rails❤️SQLのサンプルコード #railsdm - Qiita
  • ActiveRecord や Ransack で9割以上は対応できる
  • ちょっと凝った検索条件、複雑な集計処理、大量データの一括更新
  • 例: キーワードの入力欄と検索対象のチェックボックス
  • Form モデル
  • SQL を組み立て (この程度の SQL なら AREL で組み立てた方が他の scope とかと組み合わせやすくて便利そうに感じた)
  • 例: 請求履歴と入金履歴
  • SQL を ERB で書く
  • 応用 (SQL を DRY にしたい問題) : 半額フラグ
  • 実装方針 : 変数に入れて再利用する
  • 例: 大量データの一括更新
  • 最後に自己紹介

Rails React

  • 風呂グラマー, IT芸人
  • What’s React
  • サーバーサイド脳に向いている
  • サーバーサイド生成
  • React は同じ流れがクライアント側になったものと考えれば良い
  • webpacker + react (Rails 5.1 から), react-rails (React 純正), react_on_rails
  • webpacker (webpack) は大変
  • browserify : 一つのファイルだけビルドするなら webpack より楽
  • webpack時代の終わりとparcel時代のはじまり
  • 環境を"混ぜるな危険"
  • node の環境は別に作ろう : Docker で分離
  • トレタの React
  • View からの呼び方
  • meta タグに controller と action を埋め込んでおいて自前でルーターのようなものを書いている
  • Form だけ React というのもありなのでは
  • react-jsonschema-form https://github.com/mozilla-services/react-jsonschema-form
  • 質疑応答

とある企業のモバイル対応

  • https://speakerdeck.com/yasaichi/rails-developers-meetup-2017
  • pixta.jp
  • 導入の背景 : Mobile First Indexing
  • 同一 URL でモバイル対応を行う方法: A. レスポンシブデザイン, B. UA で表示内容振り分け
  • レスポンシブは特に何もする必要がないが、UA によって分ける場合は ActionPack Variants を使う
  • 複数言語対応分の View がすでにあるのでレスポンシブを選択
  • 方針: 段階的リリース
  • 実装: ActionPack Variants で viewport を設定

2018年から始めるRubyによる深層学習入門

外傷的Elixir

  • Elixir の紹介

OSS雑メンテ

  • https://speakerdeck.com/sue445/oss-zatsu-maintenance-number-railsdm
  • CI がないと PR がたくさんくるようになったらつらい
  • 定期ビルドや bundle update も依存 gem の更新の影響をみるためにした方が良い
  • CI のバッジをまとめて表示するサイトを作った
  • 「全自動化」と「情報の集約」

休憩

社長が書いたクソコードたち

サービスクラスの議論を蒸し返す

Railsdm 2017 っぽいものを作ってみました

  • quine

マルチテナント・ウェブアプリケーションの実践

  • GraphQL はいいぞ
  • GraphiQL (グラフィクル) - The IDE
  • keyword: onk graphql
  • Kibela について
  • マルチテナント・ウェブアプリ (MTWA)
  • SaaS において1つのシステムで複数の組織のチームを同居させるウェブアプリケーション
  • BtoB の Web サービス ≒ MTWA
  • マルチテナンシーの共有レベル
  • Kibela は (3) DB の共有
  • PostgreSQL の schema でわけている
  • MTWA のアカウントモデル
  • サービス全体でアカウントを共有: GitHub, npmjs.org
  • テナントごとにアカウントを作成: Slack, G Suite, Kibela
  • GitHub 型は「人」にフォーカスしたアカウントモデル
  • 「誰だかわからない問題」がある
  • Slack 型: こちらが標準的
  • 複数のアカウント管理問題は SSO である程度解決できる
  • URL の名前空間: domain vs path
  • subdomain で分離
  • ストレージの名前空間
  • PostgreSQL は database - schema - table という階層構造
  • PostgreSQL の schema の設定: apartment gem を利用
  • schema が増えてきて migration に時間がかかるようになってきた → まだ放置
  • KVS, S3, 全文検索エンジン, etc. の名前空間切り替え問題
  • memcached for Rails Cache : Proc で渡す必要がある
  • Redis by redis-namespace : スレッドセーフじゃなかったので、モンキーパッチで対応
  • Elasticsearch
  • namespacing v1
  • 当初 index を team ごとに作っていた
  • index の再構築 (≒ migration) に数時間かかるように…
  • namespacing v2
  • Rails の model ごとにただ1つの index を作成
  • filtered alias で参照
  • index 再構築は速くなったが、リクエストは重くなったので調査中
  • その他S3など
  • 当初は subdomain (team name) で名前空間を作っていたが rename に対応するために team id に変えた
  • Analytics : schema が大量にある DB に分析クエリうてない問題
  • Testing
  • before/after でテナントの setup/teardown したら重かったので before(:suite)/afer(:suite) に
  • namespacing のテストは難しい
  • マルチスレッド×マルチテナントのテスト

JITコンパイラはいかにRailsを速くするか

  • 自己紹介
  • YARV-MJIT
  • Rails が安定して動かなかったので直していた
  • CRuby 向けの JIT たち: RuJIT, Eclipse OMR, LLRB, MJIT, YARV-MJIT
  • MJIT と YARV-MJIT の話
  • で、Rails で動くんですか?
  • そもそも Ruby 本体のテストが全部は通らない
  • YARV-MJIT + Rails は JIT 無効だと動く
  • optcarrot でのベンチマーク結果
  • rails_ruby_bench : このベンチマークの実行が難しい
  • Ruby Grant 2017 をやっている
  • YARV-MJIT の最適化の仕組み
  • JIT コードの最適化戦略
  • 戦略ごとの説明と Rails にきくかどうか
  • Rails での YARV-MJIT の使い方

クロージング

  • 2018/3/24,3/25 Rails Developers Meetup 2018
  • 募集開始は 2018/2/5(月) 10:00-

感想

Rails とは直接関係ない話もいくつかあった気がしますが、いろいろあって面白かったです。

YARV-MJIT の話は RubyKaigi 2017 では LT でちゃんと話せていなかったのが、今回聞けてよかったです。(わかったとは言ってない。)

Comments