@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

gitlab-ci-multi-runner パッケージから gitlab-runner パッケージへの更新

| Comments

GitLab Runner が 10.0.0 だとパッケージ名が gitlab-runner に変わってしまって、そのままだと 9.5.1 から更新されなくなってしまったので、対応しました。

対象バージョン

  • Ubuntu 16.04.3 LTS
  • gitlab-ci-multi-runner (9.5.1) から gitlab-runner (10.1.0)

GitLab Runner とは?

GitLab Runner とは GitLab CI のジョブを実行する部分のことです。

詳細はインストール時の記事を参照してください。

インストール方法

Install GitLab Runner using the official GitLab repositories - GitLab Documentation が gitlab-runner に改名後のインストール方法になっているので、参考にして移行しました。

移行方法

簡単にまとめると apt の設定を変えて gitlab-runner パッケージを入れ直すだけでした。

GitLab (GitLab CI) への登録や /etc/gitlab-runner/config.toml はそのままで大丈夫でした。

apt-line の更新

/etc/apt/sources.list.d/ 以下に入っている

deb https://packages.gitlab.com/runner/gitlab-ci-multi-runner/ubuntu xenial main

の apt-line を削除して、

deb https://packages.gitlab.com/runner/gitlab-runner/ubuntu xenial main

を追加しました。

pinning 設定変更

/etc/apt/preferences.d/pin-gitlab-runner.prefgitlab-ci-multi-runner パッケージを packages.gitlab.com のものを優先するように設定していたのを、 gitlab-runner パッケージに変更しました。

パッケージのインストール

gitlab-runner パッケージをインストールすると自動的に gitlab-ci-multi-runner パッケージと置き換わりました。

gitlab-ci-multi-runner パッケージを purge しても /etc/gitlab-runner/config.toml が消えたりすることもないので、特に注意するような点はなさそうでした。

ansible での例

Use gitlab-runner instead of gitlab-ci-multi-runner のように変更しました。

移行措置として、 gitlab-ci-multi-runner の apt-line を消す処理も入れています。

まとめ

gitlab-ci-multi-runner パッケージから gitlab-runner パッケージへの移行は GitLab (GitLab CI) への登録し直しが必要だと面倒そうと思って、 10.0.x の間は躊躇してそのままにしてしまっていましたが、 vagrant 環境で確認したところ、パッケージの更新だけで大丈夫ということがわかったので、問題なく上げることができました。

Comments