@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

WebRTC Meetup Osaka #2 に参加しました

| Comments

WebRTC Meetup Osaka #2 に参加しました。

会場

久しぶりにさくらインターネットさんの会場にきました。 ゲスト Wi-Fi は SSID が同じで、パスワードが変わっていて、 iPod touch は一度覚えているのを削除して、設定し直さないと繋がりませんでした。

会場説明等

懇親会をするので参加希望者は休憩の時に。

Meetupの説明

  • 開催実績の紹介など
  • ハッシュタグは #webrtcjp
  • WebRTC-JP Slack
  • YouTube に過去の動画も公開している https://goo.gl/BjEhku
  • 参加者はほぼエンジニア
  • 初参加の人が多い
  • WebRTC で何か開発したことがあるのは半数ぐらい

ワンボタンでできる!WebRTCゲーム配信!

  • PLiCy という自作フリーゲームの公開・共有を目的とした SNS
  • 別途ツールを準備しなくてもブラウザだけで完結するブラウザゲームの簡易配信機能
  • 少なくとも Android 4.0 で動いたので対応環境も十分ある
  • 遊んでいる人全員に配信してもらうのが目標
  • ゲーム画面の抽出は captureStream で取得するだけ
  • ゲーム音楽の抽出は GainNode の prototype を書き換えて connect に割り込み
  • マイクを使った実況対応は getUserMedia API で HTTPS 必須
  • WebRTC の通信は PeerJS を利用
  • TURN サーバーが必要だった
  • CentOS 5 だと TURN サーバーが動かなかったので、CentOS 7 を入れ直した
  • 映像・音声とは別に RTCDataChannel API でデータ通信が使える
  • Web Speech API でチャットコメントを音声読み上げする
  • Safari に対応するのに PeerJS を修正する必要があった
  • Edge はまだダメ
  • 運用状況と課題
  • 画質の設定はないが captureStream API でフレームレートは設定できる
  • iframe を使うと Firefox や Safari で問題があった

  • 質疑応答

  • CentOS 5 は実験用のサーバーなので古かった
  • TURN サーバーは何を使っている? coturn ではない? → パッケージ名が「turnserver」という名前のものを使っている
  • 回線が細いと途切れるという話があったが、接続が多いと切れる? → P2P なので TURN サーバーを経由しているかどうかでも変わって来る。10人を超えると不安定になってくる。スマホでキャリア回線でみると重いとかはある。

実践 WebRTC 〜最新事例と開発ノウハウの紹介〜

  • 発表資料は SlideShare で公開している: https://goo.gl/daTG2m
  • WebRTC = Web Real Time Communication
  • リアルタイムコミュニケーションの民主化
  • 最初のリアルタイムコミュニケーションは電話
  • 2011 年に WebRTC の草案が発表
  • WebRTC の特徴: カメラやマイクを利用可、ブラウザ間の P2P 通信、ストリーミングデータを扱える
  • WebRTC を構成する技術要素
  • 中身は4つ: 1から3は IETF で標準化、4は は W3C で標準化
  • 1: 暗号化などのプロトコル、2: P2P通信する手順、3: コーデック、4: JavaScript などから利用する API
  • リアルタイムのために基本的に UDP 上
  • コーデック: VP8, VP9, H.264 (Safari はこれのみ)、音声は opus
  • Can I use? でブラウザの対応状況を確認 http://caniuse.com/#feat=rtcpeerconnection
  • IE はあきらめましょう
  • Safari は 11 で対応
  • iOS でネイティブアプリを作らなくても使えるようになる

  • WebRTC の事例紹介

  • Co-Streaming (共同ストリーミング) 複数人が同時に動画配信し多人数が視聴する

  • mixer: MS が買収したゲーム動画配信サービスで Win 10 からは直接配信も可能
  • Pixiv Sketch LIVE

  • Serverless CDN: Peer5

  • Serverless CDN x Streaming: Streamroot

  • オンライン英会話: Skype から移行しているところが多い

  • カスタマサポート: videodesk
  • 遠隔診療: CLINICS 先生側(PC)と患者側(スマホアプリ)
  • IoT: petoco
  • マッチングアプリ: KoeTomo

  • WebRTC の活用しどころ: 既存サービスの置き換えでコスト削減よりも付加価値向上がおすすめ

  • ここからエンジニア向けの話

  • Safari の開発メニューには「レガシー WebRTC API を有効にする」という設定がある

  • API も結構変わってきている
  • ブラウザは ORTC の考え方を一部取り入れた WebRTC 1.0 API へ対応しつつある
  • WebRTC 1.0 では SDP を利用する
  • レガシー API だと SDP に全てのレイヤーについてネゴシエーションするのに必要な情報が全て記載されているので、例えば、音声ミュートで参加していたメンバーが途中からミュートを解除すると、音声トラックだけ操作したいのに、全てのレイヤーで再ネゴシエーションが発生する。
  • ORTC は各レイヤーに相当する API が公開されているので、必要なところだけ操作できる
  • API の進化に対応するのは adapter.js (shim) を使えばだいたいうまくやってくれる
  • ブラウザー間の互換性の問題
  • Chrome, Firefox, Safari はベースになっているコアライブラリが同じなので相性が良いが、Edge は独自なので相性が悪い
  • 動画コーデック: Chrome Firefox は VP8/VP9/H264, Edge は VP8/H264UC, Safari は H264 のみ
  • H264UC は Skype 用
  • Safari はモバイルのハードウェアの対応を考慮してそう
  • API も差がある
  • ScreenShare は Edge にはないなどの機能差は adapter.js では対応できないのでアプリでどうにかする必要あり

  • マイクカメラの扱いにはハマりどころが多い

  • カメラの機種, OS, ブラウザの差がある
  • getUserMedia の Constraints に指定してもその通りになるとは限らない
  • 俺たちは雰囲気でgetUserMedia()をやっている

  • フルメッシュ, MCU, SFU

  • SFU が主流
  • ユースケースに合わせて選択しましょう

  • つながらない問題

  • WebRTC にはシグナリングとメディア、2つの通信がある
  • 1: シグナリングサーバーとの接続 (だいたいWSS) ができない
  • 2: メディアの通信 (P2P) が疎通できない
  • 1 はネットワークが対応しないとどうしようもない
  • 2 はネットワークのポリシー変更や TURN サーバー

  • ICE, STUN, TURN

  • STUN: UDP ホールパンチングできる NAT の種類には制限がある
  • TURN は UDP が通らない時に TCP でラップしてくれる機能もある

  • デバッグ方法

  • chrome://webrtc-internals

  • プラットフォームサービスは積極的に活用しよう

  • WebRTC は総合格闘技
  • プラットフォームサービス: OpenTok, CafeX, SkyWay, Twillio, FacePeer
  • ミドルウェア: WebRTC SFU Sora
  • プラットフォームサービスを使っても、つながらない問題が全て解決するわけではない

  • 質疑応答

  • Safari の ScreenShare 対応? → プラグインを入れてもらう必要がある
  • コーデック? → Firefox だと VP8 が優先, SDK で設定できるものもある, 相手を Safari にすると H264 になる
  • H264UC と H264 との互換性は? → 別物で互換性はない
  • Data Connection を使わずに Edge とやり取りするには? → WebSocket を使う。 Skype で必要なさそう (WebSocket でなんとかなる) なので Data Connection の実装はあまり期待できない

休憩

早めに進んでいたので順番を入れ替えて休憩は後になりました。

WebRTCのデバッグに関するTips&Tricks

  • WebRTC の同人誌
  • booth.pm で「WebRTC」で検索
  • https://mzsm.booth.pm/items/628127

  • Safari の開発メニューには「模擬キャプチャデバイス」というものがある

  • Chrome は --use-fake-device-for-media-stream 付きで起動
  • Firefox は getUserMedia で fake: true を指定

  • getUserMedia の制限

  • Chrome は localhost は https でなくても OK
  • 他の人につないでもらいたい時は ngrok が使える
  • Homebrew か公式サイトからダウンロードしてインストール
  • 日本だと --region ap を指定するのが良い
  • デモ

  • 質疑応答

  • /etc/hosts で localhost の IP アドレスを別のものにしたら通る? → 不明
  • 会社ネットワークとかで外にでるのに制限がある環境では https のサーバーをたてた方が楽なのでは? → そこは適宜

iOS11は本当にWebRTCに対応したのか

  • Safari 11 でビデオチャットは可能
  • 他アプリでは無理

  • WKWebView, SFSafariViewController, UIWebView (deprecated)

  • getUserMedia が全部非対応
  • RTCPeerConnection はあるので、データ通信はできた

次回告知等

Comments