@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

Rails Developers Meetup #5 大阪会場に参加しました

| Comments

Rails Developers Meetup #5 大阪会場 に参加しました。

会場

前回と同じ場所なので、スムーズに到着することができました。

今回は、ストリーミングの問題なのか、聞き取りにくいことが多かったので、特に質疑応答はメモが取れていません。

オープニング

  • 会場の説明
  • ハッシュタグは #railsdm
  • プログラムの紹介

Railsで日報共有アプリケーションをOSSとして開発している話

  • https://speakerdeck.com/kami/railsderi-bao-gong-you-apurikesiyonwoosstositekai-fa-siteiruhua

  • Rails で SPA の事例

  • Repost という日報共有アプリケーション https://github.com/kami-zh/repost
  • Slack 連携部分を例に説明
  • View → Action → API → Reducer → View
  • Mastodon の app/javascript や package.json も参考になる

  • Rails 5.1 での機能をどう使ったか

  • webpacker
  • rails new するときに –webpack=react をつける
  • 必要に応じて yarn add
  • 開発時は bin/webpack-dev-server
  • webpacker 3 系は多くの設定がライブラリ側に吸収されてアプリケーション側はシンプルにできる
  • javascript_pack_tag
  • Rails 5.1 から yarn をサポート
  • yarn は install / add / remove ぐらいを知っておけば良い
  • ActionDispatch::SystemTestCase
  • トランザクション管理をしてくれる
  • 参考: Minitest::Retry がちょっと不安定なテストに便利 https://github.com/y-yagi/minitest-retry

  • 工夫したこと

  • ユニットテストと E2E テストをしっかり書いた
  • Sprockets は削除した
  • セットアップを楽にする: bin/setup, bin/update をメンテナンスする
  • モーダルは慎重に導入する
  • Install JavaScript dependencies on bin/update
  • Rails の資産を活用する: Turbolinks や FormHelper など

  • 余談

  • 知識欲求駆動開発

  • 質疑応答

  • webpack-dev-server との同時起動に foreman は使っていない
  • react は使ってよかった感じ
  • react, vue, angular などから react を選んだ理由は? → 使ってみたかったから

パフォーマンス計測CIサービスを作って得た知見

  • https://www.slideshare.net/zaruhiroyukisakuraba/ci-80250430

  • 個人で開発しているパフォーマンス計測をする CI サービス

  • 現在は Rails のみサポート、プライベートベータ

  • OAuth Apps と GitHub Apps の違い

  • OAuth Apps (従来のもの) ユーザーに対してインストール
  • GitHub Apps はリポジトリに対してインストール、マーケットプレイスに出せる
  • コメントもユーザーとしてか、独自権限にできるかの違いがある
  • マーケットプレイスに出す条件はちょっと厳しい (250人以上にインストールされていることとか)

  • GitHub Apps を作るのは簡単

  • アクセストークンと API
  • JWT の expire に注意: 10分や8分だとうまくいかないことがあったので5分にした
  • 取得できるユーザー情報は限定的
  • GitHub Apps の API は少しずつ解放されている
  • GitHub Enterprise ではまだ使えないかも

  • GitHub Apps で気をつけるところ

  • Webhook を取りこぼすとデータロスト
  • パーミッションの変更はなるべくしない: ユーザーに承認してもらう必要があるがわかりにくい
  • GitHub Apps のインストールの導線: インストール後がわかりにくいらしい
  • ローカルで webhook を受け取る方法: ngrok は無料だと起動のたびにホスト名が変わるので面倒、ポートフォワーディングをしている

  • Docker in Docker

  • privileged オプションが必要
  • 良い点: 階層構造なので管理しやすい
  • 悪い点: パフォーマンス, privileged オプションで怖い, ボリュームが残ってしまう
  • そもそも製作者自身があまり推奨していない

  • /var/lib/docker.sock を共有

  • 良い点: シンプル, ビルドキャッシュも簡単
  • 悪い点: 他のコンテナが丸見え
  • 内部利用限定なら良いかも

  • オーケストレーション

  • GKE + k8s
  • 小規模/シンプルなら Heroku おすすめ

  • CI, 計測の仕方

  • CI サービスを作るのに使った小技
  • resources をちゃんと指定しないとパフォーマンスがぶれる
  • Container Builder のローカル開発環境がある https://github.com/GoogleCloudPlatform/container-builder-local

  • 個人開発プロジェクトについて

  • 毎日やるのが大事
  • コードを捨てるのを躊躇しない
  • 何のためにやるのか
  • 途中経過も公開する
  • やらないことを決める

  • 質疑応答

  • 個人開発でも k8s を使っている? → 使っている
  • heroku ではなく k8s を使う理由 → docker のため
  • (メモ取れず)

休憩

マイクロサービスにおける非同期アーキテクチャ

  • https://www.slideshare.net/ota42y/ss-80254350

  • microservice

  • 外から見たときは一つのアプリ
  • 内部的にはドメインごとに別々のサーバー
  • API で連携
  • 非同期もある
  • 巨大かつ複雑になりやすい → 知見

  • 非同期処理

  • 今回は特に Job Queue の話
  • ActiveJob は Rails 標準なので一般的な構成のはず

  • 歴史

  • 牧歌的時代: なんでも delayed_job に突っ込む
  • RDB に保存する
  • delay メソッドを挟むだけ
  • 障害発生: job がどんどん溜まっていった
  • delayed_job では job の同時実行を防ぐ機構がある
  • index がきかない where 句の絞り込み&ソート → テーブルロック
  • 処理速度 < 増加速度 になって打つ手がなくなる
  • 大移行時代
  • 非同期処理の整理
  • 巨大な処理はクリティカルかどうかで場合分け
  • 重要度に応じて処理分け
  • クリティカルではないものは別バックエンドへ移動して delayed_job の job 数を減らした
  • 移行先として sidekiq, resque から sidekiq を選んだ
  • クリティカルではないものは delayed_job から ActiveJob(+sidekiq) に書き換え

  • 複数サービスへの連携

  • 結合度が高かった
  • イベント駆動アーキテクチャ
  • Event の送受信に変更
  • 具体的には AWS の SNS (Simple Notification Service) と SQS (Simple Queue Service) を利用
  • 送信側が SNS で受信側のサービスごとに SQS
  • 癖があるので注意: 複数回や並列実行を考慮して、べき等である必要がある、など
  • 統一フォーマットが必要
  • 移行するなら、送信側・受信側両方移行する必要がある
  • 楽にするための gem を作った https://github.com/ota42y/rising_dragon

  • 質疑応答

  • Queue をどうわけているか? → ほとんどわけていない

5000兆人欲しい! 優秀なRailsエンジニアを採用するための3つ(仮)の方法

  • 日本の Rails エンジニアの数は推定10万人ぐらい?
  • 世界中の人の数 74億人
  • '74億人' > '5000兆人' #=> true
  • 制限を外す
  • Rails 経験者にこだわらない
  • 日本人にこだわらない
  • エンジニアにこだわらない

Railsを6年間やってきたぼくが最近Railsでハマったこと

  • https://speakerdeck.com/kazumax1218/railswo6nian-jian-yatutekitabokugazui-jin-railsdehamatutakoto
  • 1: カラム追加時に index がはられない
  • add_column には index オプションがなかった
  • 対策: add_index を使う
  • 2: try
  • メソッドがない場合 (typo など) も例外を出さずに nil を返す
  • 対策: try! を使うか ruby 2.3 以降ならぼっち演算子 &. を使う
  • 3: fragment cache
  • 共通のパーシャルを変更してもキャッシュがクリアされない
  • template が見つからないのでダイジェストが計算できていなかった
  • 対策: パスを省略しない
  • パーシャルのパスが動的な場合も注意
  • プチ情報
  • Rails 5 からは rails dev:cache で簡単にキャッシュの ON/OFF を切り替えられるようになった
  • fragment cache のログを出す設定がある
  • 4: 新規作成画面に戻ったら作成したはずのレコードが消えた
  • 原因: has_onedependent: :destroy がついていると build_xxx 時にレコードが削除される
  • 対策: new アクションで build_xxx を使わない

次回予告

Comments