@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

Hyper-V のゲスト環境で systemd timer がうまく動いていなかった

| Comments

Hyper-V のゲストとしてインストールした Linux 環境で systemd timer の RandomizedDelaySec がおかしくて timer が実行されないことがあったのですが、Hyper-V の時刻の同期との相性が悪いのが原因でした。

環境

  • ホスト: Windows Server 2012
  • ゲスト: Ubuntu 16.04.2 LTS (xenial) と Debian GNU/Linux 9.0 (stretch)

現象

journalctl で過去のログを確認してみると

1
2
3
4
5
6
 6月 28 12:07:56 hostname systemd[9928]: Time has been changed
 6月 28 12:07:59 hostname systemd[9928]: Time has been changed
 6月 28 12:08:04 hostname systemd[9928]: Time has been changed
 6月 28 12:08:09 hostname systemd[9928]: Time has been changed
 6月 28 12:08:14 hostname systemd[9928]: Time has been changed
 6月 28 12:08:19 hostname systemd[9928]: Time has been changed

のように Time has been changed が頻繁に記録されていました。

再起動した後からは RandomizedDelaySec が設定されている timer のランダムな時間挿入が Time has been changed の直後におきていました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
 6月 28 15:07:51 hostname systemd[1]: Time has been changed
 6月 28 15:07:51 hostname systemd[1]: apt-daily-upgrade.timer: Adding 46min 16.478521s random time.
 6月 28 15:07:51 hostname systemd[1]: apt-daily.timer: Adding 3h 45min 54.621700s random time.
 6月 28 15:07:56 hostname systemd[1]: Time has been changed
 6月 28 15:07:56 hostname systemd[1]: apt-daily-upgrade.timer: Adding 25min 59.320458s random time.
 6月 28 15:07:56 hostname systemd[1]: apt-daily.timer: Adding 11h 34min 9.012513s random time.
 6月 28 15:08:01 hostname systemd[1]: Time has been changed
 6月 28 15:08:01 hostname systemd[1]: apt-daily-upgrade.timer: Adding 42min 37.932995s random time.
 6月 28 15:08:01 hostname systemd[1]: apt-daily.timer: Adding 4h 48min 31.255279s random time.
 6月 28 15:08:06 hostname systemd[1]: Time has been changed
 6月 28 15:08:06 hostname systemd[1]: apt-daily-upgrade.timer: Adding 13min 44.192537s random time.
 6月 28 15:08:06 hostname systemd[1]: apt-daily.timer: Adding 38min 56.349412s random time.

自作した timer が実行されなくて journalctl -u local-backup.timer のように調べた時に「Adding … random time.」のログで埋まっていて、他の動いている timer との違いも特になくて悩んでいましたが、ふと journalctl (引数なし) を実行してみたら「Time has been changed」とセットでおきていることに気づきました。

解決策

「Time has been changed」で検索して最初に出てきた 16.04 - /var/log/syslog ‘systemd[1]: Time has been changed’ message every 5 seconds - Ask Ubuntu

I encountered this issue of “systemd[…]Time has been changed” messages logged every five seconds in /var/log/syslog on a 16.04 server running under Windows 8.1 Hyper-V. To fix it, I disabled time synchronization on the Hyper-V side. In Hyper-V Manager, I highlighted the VM, selected “Settings…”, then “Integration Services”, unchecked “Time synchronization”, and clicked Apply. The messages stopped instantly - no VM restart was required.

と書いてあったので、「設定…」から「統合サービス」の「時刻の同期」のチェックを外して (再起動なしで) 解決しました。

解決確認

「Time has been changed」も出なくなって「Adding … random time.」も出なくなって、翌日まで待ってみるとちゃんと実行されていたので、解決したようです。

まとめ

ntp サーバー機能も必要で、 ntp パッケージを入れている環境で発生したので、時刻の同期の仕方によっては発生しないのかもしれませんが、「Time has been changed」で検索して出てきた他の方法はログを無視するだけとか、根本的な解決になっていないものが多そうだったので、Hyper-V との組み合わせなら systemd-timesyncd でも発生するのかもしれません。

Comments