@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

第75回 Ruby関西 勉強会に参加しました

| Comments

第75回 Ruby関西 勉強会 に参加して発表してきました。

今回は (ustream) 中継はありませんでした。

以下、そのメモです。

オープニング

  • 会場の電源とかの話とか
  • 最初の発表者の紹介とか

機械学習概論

  • サンプルコードもないので Ruby とは全く関係のない話
  • 機械学習入門書の入門 (挫折しないために)
  • 「Machine Learning: A Probabilistic Perspective」は1000ページ超え
  • 機械学習手法の大分類: 教師あり学習, 教師なし学習, 半教師あり学習, 強化学習
  • 入門書で取り上げられる割合: 教師あり学習:9割, 教師なし学習:1割, 半教師あり学習:0割, 強化学習:0割
  • 入門書で取り上げられる割合: 教師あり学習:9割のうち: パラメトリック:9割, ノンパレメトリック:1割
  • なので、この発表では教師あり学習・パラメトリックの話
  • パラメトリック推定
  • y=f(x) となる f を見つけること
  • パラメータ θ を持つ何らかの特定の関数群(集合) f(x, θ) の中で y=f(x, θ) と最も近似できるような θ を探す
  • ベイズの定理
  • 最尤推定
  • 種々の推定
  • MAP 推定
  • 点推定しない
  • 共役事前分布
  • おすすめのマイルストーン
  • tinyurl.com/ruby-boshu
  • 13:50 までの予定が 14:13 までになっていた。
  • 質疑応答
  • 14:16 までだった。

懇親会募集

  • 8名?

Ruby 2.4.0 の主な非互換

発表しました。

  • 質問は特になかった。
  • 14:38 までだった。

休憩

  • 14:45頃まで
  • 発表者ということで k-of.jp で配る予定のステッカーをもらった。

さよならsprockets

  • いかに Qiita は sprockets を捨てるに至ったか
  • 前半:技術選定の話, 後半:さよならsprockets
  • 技術マネジメントの話
  • (個人的な) 普遍的な要求: 学習コスパがいい, 撤退しやすい, 速い
  • 作るものの特性によって変わる要求
  • SoR (System of Record), SoE (System of Engagement)
  • さよなら sprockets
  • sprockets のおさらい
  • sprockets の問題点
  • sprockets は SoE を支援する gem
  • 利点: Rails との統合が進んでいる, ハッシュダイジェスト埋め込みは便利
  • 良いところは残しつつ、もっと高速にトライ・アンド・エラーできるようにしたい
  • browserify-rails
  • sprockets + ES6 modules ができる
  • 脱 sprockets のための経由地
  • JS が小さいうちはここで快適に暮らしてもいい
  • 気合いで ES6 modules 化
  • browserify v.s. webpack
  • webpack はなんでもできすぎて撤退しづらくなりそう → browserify を採用した
  • (世の中的には webpack が主流になりつつある)
  • ビルドタスクを書く
  • 全部 npm-scripts に書く (Grant gulp は使わない)
  • ワンライナーに納まらない場合は Node.js スクリプトを書く
  • Tips: npm-scripts 用シェル芸
  • ((a && (b & c & wait)) & d & wait) && e
  • マニフェストファイル: 開発環境では admin.js で本番環境では admin-xxxxx.min.js
  • 開発環境: watchify
  • 非同期ビルドの問題
  • CSSのビルドが微妙にかかるので反映されていないことがある
  • コンパイル中は sleep する Rack ミドルウェアを追加して解決
  • 移行の結果何が変わった?
  • デプロイ速度が4分速くなった
  • 開発時の待ち時間がかなり速くなった
  • 開発にすべての npm パッケージを使えるようになった
  • 15:25 までだった。
  • 質疑応答は特になし

社内勉強会で読んだ本とか

  • 15:27 から
  • Rails5 リリースノート
  • The Twelve-Factor App
  • The Rails Doctrine
  • Domain Driven Design Quickly
  • メタプログラミング Ruby 第2版
  • 15:37 まで
  • 社内勉強会で読んだ本とか

休憩

  • 15:50頃まで

mruby 初級者向けレッスン

告知タイム / クロージング

Comments