@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

bash で PATH を配列に分解の続き

| Comments

zsh だと PATH と同期している配列変数として path があるのですが、 bash にはそういうものがなくて困ったので、分解する方法を考えてみた話の続きです。 末尾の空文字列や改行に対応しました。

昨日の方法の問題点

昨日の記事 に書きましたが、末尾の空文字列の処理に問題がありました。 また、書いていませんでしたが、改行に対応できていませんでした。

末尾対応

PATH= bash -c 'ls'/bin やそれ以外で実行してみたら 空の PATH はカレントディレクトリのみと同じ意味のようなので、 「末尾の空文字列に対応するために、PATHにの最後に:を追加した文字列をreadすればいい?」 という指摘のように末尾に : を追加する方法で良さそうでした。

つまり、以下のようになります。

1
2
3
4
5
6
% bash -c 'PATH=/bin:; IFS=: read -r -a path <<<"$PATH:"; declare -p path'
declare -a path='([0]="/bin" [1]="")'
% bash -c 'PATH=/bin; IFS=: read -r -a path <<<"$PATH:"; declare -p path'
declare -a path='([0]="/bin")'
% bash -c 'PATH=; IFS=: read -r -a path <<<"$PATH:"; declare -p path'
declare -a path='([0]="")'

「PATH自体が空だった場合は振舞いが変わるけど。」という話もありましたが、 PATH 探索を再現できれば良いということを考えると空の場合も問題なさそうでした。

1
2
3
4
5
% bash -c 'PATH=; ls'
bash: ls: No such file or directory
% cd /bin
% bash -c 'PATH=; ls /bin/bash'
/bin/bash

改行対応

いろいろ試していると改行を含む PATH を扱えないことに気づいたのですが、 -d $'\0' (以下の例ではコマンドラインのエスケープでひどいことになっていますが) を 指定して区切り文字を変えると here string の末尾に付く改行も入力の一部として 扱われてしまうのでうまくいかないようでしたが、末尾の要素を unset で削除することで 良い感じになりました。

$'\0' は NUL 文字で C 言語での終端文字なので、普通は PATH の途中に入らないことが期待できるので、ありえない文字として指定しています。

1
2
3
4
5
6
7
8
% bash -c 'PATH=/bin; IFS=: read -d $'"'"'\0'"'"' -r -a path <<<"$PATH:"; declare -p path'
declare -a path='([0]="/bin" [1]="
")'
% bash -c 'PATH=/bin; IFS=: read -d $'"'"'\0'"'"' -r -a path <<<"$PATH:"; unset path[-1]; declare -p path'
declare -a path='([0]="/bin")'
% bash -c 'PATH=/foo$'"'"'\n'"'"'bar:/bin; IFS=: read -d $'"'"'\0'"'"' -r -a path <<<"$PATH:"; unset path[-1]; declare -p path'
declare -a path='([0]="/foo
bar" [1]="/bin")'

わかりやすいようにファイルにして実行すると以下のような感じです。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
% cat /tmp/p.bash
PATH=/foo$'\n'bar:/bin
IFS=: read -d $'\0' -r -a path <<<"$PATH:"
unset path[-1]
declare -p path
PATH=/foo$'\n'bar:/bin:
IFS=: read -d $'\0' -r -a path <<<"$PATH:"
unset path[-1]
declare -p path
% bash /tmp/p.bash
declare -a path='([0]="/foo
bar" [1]="/bin")'
declare -a path='([0]="/foo
bar" [1]="/bin" [2]="")'

他の処理例

/etc/group くらいのデータになると awk などを使った方が良いと思いますが、 /etc/group (末尾に空文字列が入ることがある) のパースも良い感じにできるようです。

設定されていない状態でも構わなかったり、 末尾に空文字列が入らないことがわかっている /etc/passwd などの場合は bash の組み込みコマンドだけでいけそうです。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
% cat /tmp/t.bash
#!/bin/bash
sed 's/$/:/' /etc/group | while IFS=: read -r -a group; do
  declare -p group
done
% bash /tmp/t.bash
declare -a group='([0]="root" [1]="x" [2]="0" [3]="")'
declare -a group='([0]="daemon" [1]="x" [2]="1" [3]="")'
declare -a group='([0]="bin" [1]="x" [2]="2" [3]="")'
declare -a group='([0]="sys" [1]="x" [2]="3" [3]="")'
declare -a group='([0]="adm" [1]="x" [2]="4" [3]="syslog,vagrant")'
(略)
declare -a group='([0]="lpadmin" [1]="x" [2]="114" [3]="vagrant")'
declare -a group='([0]="sambashare" [1]="x" [2]="115" [3]="vagrant")'
declare -a group='([0]="vboxsf" [1]="x" [2]="999" [3]="")'
declare -a group='([0]="scanner" [1]="x" [2]="116" [3]="")'
declare -a group='([0]="colord" [1]="x" [2]="117" [3]="")'

まとめ

最終的には

1
2
IFS=: read -d $'\0' -r -a path <<<"$PATH:"
unset path[-1]

PATH を配列に変換できることがわかりました。

入力データに改行がないとわかっているなら -d $'\0' などは省略できるので、 入力データの性質に応じて適度に手を抜きつつ処理をするのが良いのではないでしょうか。

Comments