@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

Debian squeeze (6.0) LTS の使い方

| Comments

OpenSSL の脆弱性 (CCS Injection,CVE-2014-0224) の修正が squeeze の LTS に入ったというアナウンス があったのに、 今まで通り使っている squeeze には修正が入らないと思って調べてみたところ、 apt-line の追加 が必要でした。

追加する apt-line

既存の /etc/apt/sources.list

deb http://ftp.jp.debian.org/debian squeeze main non-free contrib
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian squeeze main non-free contrib

deb http://security.debian.org/ squeeze/updates main contrib non-free
deb-src http://security.debian.org/ squeeze/updates main contrib non-free

# squeeze-updates, previously known as 'volatile'
deb http://ftp.jp.debian.org/debian squeeze-updates main contrib non-free
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian squeeze-updates main contrib non-free

という apt-line を設定したとすると、

deb http://ftp.jp.debian.org/debian squeeze-lts main non-free contrib
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian squeeze-lts main non-free contrib

追加 します。

ネタ元の Debian Wiki に書いてあるように適切に使うには squeeze と squeeze security の apt-line も残した上で squeeze lts の apt-line を 追加 する必要があります。

apt pinning を使っている時の注意点

/etc/apt/apt.conf

APT::Default-Release "squeeze";

のように設定している場合はコメントアウトするか

APT::Default-Release "squeeze-lts";

に書き換える必要があります。

更新の反映

いつも通り apt-get updateapt-get upgrade で更新できます。

サポート対象外のパッケージを調べる

squeeze-lts の apt-line を追加すると debian-security-support というパッケージがインストールできるようになります。

debian-security-support パッケージをインストール中にサポート対象外のパッケージについての情報が表示されます。 インストール後は check-support-status で同じ内容が表示できます。

Ubuntu には ubuntu-support-status というコマンドがあるので、似たようなものが Debian にもできたということでしょうか。 debian-security-support パッケージは今のところ sidsqueeze-lts にだけあるようです。

aptitude 検索パターンで LTS に収録されているパッケージ一覧

aptitude search '~A squeeze-lts'squeeze-lts に収録されているパッケージ一覧が調べられます。

今のところ、

  • chkrootkit
  • debian-security-support
  • gnutls 関係
  • hello
  • openssl 関係

がありました。

Comments