@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

ansible-galaxy を使ってみた

| Comments

ansible の複数の playbook で role を共有するのに Ansible Galaxy はどうだろうと思って登録してみました。

動作確認バージョン

  • ansible 1.6.2

アカウント登録

後で github から role を import するということもあって、 github 連携でアカウントを登録しました。

アカウントは4文字以上必須ということで znzj にしました。 (docker index とか Vagrant Cloud とか 最近は4文字以上必須が多いのでしょうか?)

role を github に公開

ansible-galaxy init ansible-role-ja_jp でひな形を作成して、 provisioning/roles/ja_jp というディレクトリの中身だったものを移行して https://github.com/znz/ansible-role-ja_jp として公開しました。

apt のミラーサイトとして日本のミラーを使ったり、日本語 locale にしたり、タイムゾーンを JST にしたりする role です。

Ansbile Galaxy に role を追加

ログインした状態だと右上の方に出てくる Add a Role というリンクから登録します。

  • Github Username/Account : znz
  • Github Repository : ansible-role-ja_jp
  • Alternate Name : ja_jp

という内容で登録したところ、 https://galaxy.ansible.com/list#/roles/967 で見えるようになりました。

URL をみるとわかるように JavaScript オフだと個別の role は見えません。 ちょっと試した感じだと代用の URL も見つけられませんでした。

動作確認

ansible-galaxy install znzj.ja_jp だと /usr/local/etc/ansible/roles/znzj.ja_jp にインストールされてしまった (Homebrew でインストールした ansible を使っている場合) ので、 ansible-galaxy install --roles-path ./roles znzj.ja_jp でカレントディレクトリの中にインストールし直しました。

感想

これだけだと git submodule に比べて利点が見えてこないのですが、 依存関係やバージョン指定をちゃんと使えれば便利そうに思いました。

自分が登録した role にバージョンを指定する方法がわからず、 今のところバージョンなしのままなので、どうにかしたいです。

参考サイト

Comments