@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

zabbixでmemcachedのヒット率を記録する

| Comments

rails の dalli_store でキャッシュの保存場所として使っている memcached のキャッシュのヒット率を zabbix で記録して、コードの改善でどのくらい変わるのか調べてみることにしました。

参考

memcached からのデータ取得方法は zabbixでmemcached監視 at technote を参考にしました。

前提

zabbix-server は別サーバーで既に設定済みで動いているものを使いました。 zabbix-agent は新規インストールしました。 OS は Ubuntu 12.04.4 LTS です。

memcached からデータ取得部分

/etc/cron.d/zabbix-memcached に以下の内容で取得部分を作成しました。 継続的にエラーが出ている時ぐらいは原因を調べられるように、標準エラー出力も最新のものだけファイルに残すようにしました。

/etc/cron.d/zabbix-memcached
1
*/5 * * * *   zabbix    test -d /run/zabbix && { echo stats | nc localhost 11211 > /run/zabbix/memcached.stats 2>/run/zabbix/memcached.stats.err; }

zabbix_agentd 設定

以下の設定を変更しました。

  • Server=zabbix-serverのIPアドレス
  • Hostname=zabbix の Web UI のホスト名にあわせる
  • DisableActive=1 : zabbix-agent 側からの接続ができない環境だったので、 zabbix-server からの接続を待ち受けるだけにしました。
  • UserParameter=memcached.stats[*],grep $1 /run/zabbix/memcached.stats | cut -d' ' -f3 : grep と組み合わせるには awk は重い気がしたので cut に変更しました。

firewall 設定

ufw allow from zabbix-serverのIPアドレス to any port 10050 で zabbix-server からのみ許可しました。 インターネット上を平文で流れてしまうのは、機密データではないということで、許容することにしました。 暗号化が必要なら別途 openvpn などを使うと思います。

動作確認

  • Server に localhost 以外を指定したので zabbix-agent を動かしているマシン上で nc -v localhost 10050 は繋がった後、すぐに切断されます。
  • zabbix-server 側で zabbix_get -s 49.212.178.112 -k agent.ping を実行して 1 と出れば zabbix-agent へ接続できています。
  • zabbix の Web UI からテンプレートを作成して、 cmd_get cmd_set cmd_hits を記録するようにしました。 (キー: memcached.stats[cmd_get] など, 保存時の計算: なし (2014-02-06: 差分はやめました), 更新間隔: 300 (cronを5分間隔にしているので))
  • さらに計算アイテムとして式に 100*last("memcached.stats[get_hits]")/last("memcached.stats[cmd_get]") を設定したものを追加しました。

差分で記録しているからなのか、データが少ないタイミングだったからか、計算に使うアイテムのタイミングの問題なのかわかりませんが、計算アイテムのヒット率が 100% を超えることがありました。

2014-02-06 追記: 差分はやめて、そのまま記録した値を使うようにして、ヒット率の計算が安定するようにしました。

Comments