@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

zshのPATHの自動重複削除や余計なPATHの削除

| Comments

シェルの中から exec zsh をしたり、 GNU screen や tmux を経由して間接的にシェルの中でシェルを開いたりするときに 何も考えずに PATH を追加していくと どんどん長くなっていってしまうと思います。

bash などでも使えるように汎用的にしようとすると自前で頑張らないといけないのですが、 zsh では zsh 自体の機能で簡単に重複を防げます。

また、パスに望ましくないものが入っていた時に削除する方法も紹介します。

この投稿は zsh Advent Calendar 2013 の12日目の記事です。

重複削除

重複を削除するには

1
typeset -U path PATH

pathPATH に unique という属性を付けて、 重複した値の最初だけ残すようにします。

ちゃんと設定できていれば、パラメーター展開の t で調べた時に unique が付いています。

1
2
3
4
% echo ${(t)path}
array-unique-special
% echo ${(t)PATH}
scalar-export-unique-special

望ましくないパスの削除

ここでは 3 種類のパスを望ましくないものとして 除外するようにしました。

  1. NULL_GLOBN を使って存在しないディレクトリを除外
  2. -/ を使ってシンボリックリンクの場合のリンク先もチェックした上でディレクトリのみ残す
  3. ^W で world-writable という実行ファイルのパスとしては危険なパーミッションになっているディレクトリを除外
  4. ${^spec}RC_EXPAND_PARAM を有効にしてパスすべてに適用

Glob Qualifiers なので PATH ではなく path を使ってフィルタリングしています。

1
2
3
4
5
path=(
    # allow directories only (-/)
    # reject world-writable directories (^W)
    ${^path}(N-/^W)
)

RC_EXPAND_PARAM (2014-07-16 追記)

$path(N) のような書き方だと配列の最後の要素だけ (N) が適用されていて、 意図した挙動になっていませんでした。

${^path}(N) のように RC_EXPAND_PARAM を使うとすべての要素に Glob Qualifiers が付きます。

これを応用して ${^fpath}/cdr(N)fpath から cdr コマンドを探したり、 ${^path}/ruby(N)path 全部から ruby コマンドを type -a ruby のように全部探したりできます。

まとめ

ここでは zsh の機能を活用してコマンド探索パス PATH をきれいにする方法を紹介しました。

これを応用して fpath などにも適用してみると良いかもしれません。

Comments