@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

ansibleで1ファイルのplaybookからroleに書き換える方法

| Comments

ansible を使い始める時は1個の YAML ファイルから始めるのが手軽で良いのですが、 それを Best Practices にあわせて roles にしようとしたら、 対応がよくわからなくて困ったことがあったので、 書き換え方をまとめてみました。

この投稿は Ansible Advent Calendar 2013 の7日目の記事です。

全体的に動作確認せずに以前使ったファイルを参考にしているので、 間違っている部分があるかもしれないので、その時はコメントなどで 教えてください。

1個の YAML ファイルの例

仮にこんな感じの playbook.yml があって、 これを roles にしたいとします。

playbook.yml
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
---
- hosts: foo-servers
  sudo: yes
  vars:
    adminuser: vagrant
    admingroup: vagrant
    homedir: /home/vagrant
  tasks:
  - apt: pkg=zsh
  - template: src=zshrc dest=/.zshrc owner= group= mode=0644

この例だとテンプレートファイルとして zshrc ファイルが同じディレクトリにあります。

role 作成

ここでは role の名前を zsh にしてみます。

元の playbook.ymlzshrc から

  • roles/zsh/tasks/main.yml
  • roles/zsh/templates/zshrc.j2
  • roles/zsh/vars/main.yml

というファイルを作ることになります。

roles/zsh/tasks/main.yml

処理のメイン部分です。 元の playbook.ymltasks の値に並んでいた配列を書きます。

roles/zsh/tasks/main.yml
1
2
3
---
- apt: pkg=zsh
- template: src=zshrc dest=/.zshrc owner= group= mode=0644

roles/zsh/templates/zshrc.j2

元の zshrc にテンプレート言語がわかりやすいように拡張子を付けただけです。 例として zshrc にしてしまっただけなので、 本来は vars の変数を展開したいファイルを使うことになると思います。

roles/zsh/vars/main.yml

変数の定義部分です。 元の playbook.ymlvars の値に並んでいたハッシュを書きます。

roles/zsh/vars/main.yml
1
2
3
4
---
adminuser: vagrant
admingroup: vagrant
homedir: /home/vagrant

その他

roles/zsh/handleres/main.yml のような他のディレクトリとか、 main.yml 以外の *.yml ファイルとかも使えますが、 一番最初の段階では知らなくても大丈夫だと思います。

読み込み側 YAML

vars とか tasks を並べていた代わりに roles を使って読み込みます。 今回は role: zsh で読み込みましたが、他の例をみてみると - zsh だけでも良さそうです。

site.yml
1
2
3
4
5
---
- hosts: foo-servers
  sudo: yes
  roles:
    - role: zsh

まとめ

最初は 1ファイルの YAML と roles 用の複数の YAML ファイルの対応関係がよくわからなくて、 roles 用の YAML ファイルに余計な記述をしてここでは使えないと言われたりして悩んだので、 簡単に対応関係をまとめてみました。

まだあまり使っていなくて、間違っているところもあるかもしれないので、 何かあればコメントなどで指摘してもらえるとありがたいです。

Comments