@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

debianでpostfixと連携するvirtual hostではないmailmanの設定をした

| Comments

Debian で postfix と mailman を組み合わせて使う時に lists.example.net のように ML 専用のサブドメインを使う場合は /etc/mailman/postfix-to-mailman.py のコメントなどを参考にして 設定すれば良いのですが、 ドメインを分けずに他のローカル配送などと同じドメインで ML を運用する設定の情報があまりなかったので、 どう設定したのかをまとめてみました。

要点としては alias_maps に追加するだけでした。

対象バージョン

  • Debian GNU/Linux 7.2 (wheezy)
  • postfix 2.9.6-2
  • mailman 1:2.1.15-1

mailman のインストール

nginx + mailman でメーリングリスト: ぽそこし的日乗 に書いてあるように、 なぜかインストール時の debconf の質問で設定した内容が反映されないので、 dpkg-reconfigure mailman で再設定する必要がありました。

Default language for Mailman の設定だけなら /etc/mailman/mm_cfg.py を直接変更でも良いのですが、 Languages to supportja (Japanese) にチェックしたときに 生成されるファイルもあるので、 dpkg-reconfigure mailman で再設定するのが無難です。

文字コードについて

mailman の日本語の文字コードは未だに euc-jp なので、 文字コードを設定できる端末を使うか、 cocotcocot -t utf-8 -p euc-jp ssh mlserver のように変換をするようにしておかないと文字化けして非常につらいです。

LANG=C で mailman 関係のコマンドを実行しても 英語メッセージにはならないので、 注意が必要です。

postfix の設定

すでに myhostname とか mydestination に設定しているドメインに同居させるには alias_mapshash:/var/lib/mailman/data/aliases を追加するだけです。

具体的には alias_maps = hash:/etc/aliases という設定だったのなら、

1
2
alias_maps = hash:/etc/aliases
 hash:/var/lib/mailman/data/aliases

のように追加するだけです。 差分をとりやすいように別の行にするのが好みですが、 同じ行の末尾に追加でもかまいません。

mm_cfg.py の設定

MTA

newlist で ML を作成する前に sudoedit /etc/mailman/mm_cfg.pyMTA='Postfix' を有効にしておきます。

newlist の最後に /var/lib/mailman/bin/genaliases 相当の処理が実行されるようなのですが、 MTA='Postfix' の設定をしておくと /var/lib/mailman/data/aliases* が自動で作成されるようになります。

MTA の設定が無いと aliases に設定すべき内容を含むメッセージが表示されるだけでした。

ML のデフォルト値

以下のような感じで ML の設定のデフォルト値を設定しておくと 後から Web で設定変更する手間を省けます。

1
2
3
4
5
6
DEFAULT_SUBJECT_PREFIX = "[%(real_name)s:%%d] "
DEFAULT_MSG_FOOTER = ""
DEFAULT_REPLY_GOES_TO_LIST = 1
DEFAULT_MAX_MESSAGE_SIZE = 0
DEFAULT_LIST_ADVERTISED = No
DEFAULT_PRIVATE_ROSTER = 2

どんな設定項目があるのかは /usr/lib/mailman/Mailman/Defaults.py を参考にすれば良さそうです。

sudo -u list /var/lib/mailman/bin/config_list -o - mailman | iconv -f euc-jp -t utf-8 | pager のように既存の ML の設定を (Web で変更しつつ) 参考にするのも良さそうです。

パーミッション修正

sudo /var/lib/mailman/bin/check_perms -f でパーミッションの修正をします。 /var/lib/mailman/messages/ の中身のパーミッションの修正があるので、 ほぼ必須だと思います。

最終的には 10 個残りましたが、 シンボリックリンクでリンク先のグループは問題ないようなので、 無視することにしました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
$ sudo /var/lib/mailman/bin/check_perms -f
/var/lib/mailman/bin bad group (has: root, expected list) (fixing)
/var/lib/mailman/logs bad group (has: root, expected list) (fixing)
/var/lib/mailman/cron bad group (has: root, expected list) (fixing)
/var/lib/mailman/icons bad group (has: root, expected list) (fixing)
/var/lib/mailman/Mailman bad group (has: root, expected list) (fixing)
/var/lib/mailman/templates bad group (has: root, expected list) (fixing)
/var/lib/mailman/mail bad group (has: root, expected list) (fixing)
/var/lib/mailman/scripts bad group (has: root, expected list) (fixing)
/var/lib/mailman/cgi-bin bad group (has: root, expected list) (fixing)
/var/lib/mailman/locks bad group (has: root, expected list) (fixing)
Problems found: 10
Re-run as list (or root) with -f flag to fix

ML 作成

mailman の依存で自動インストールされる pwgen を使って、 pwgen -sB 20 1 などでパスワードを生成して、 sudo -u list $mlname mladmin@example.net $listpass のような感じで作成できます。

その他の設定

後は fml からのメールの移行とか Web 経由での設定をしていきました。

Comments