@znz blog

ZnZ の memo のようなもの

/dev/snd/hwC0D0でPermission deniedになる問題を調べた

| Comments

/dev/snd/hwC0D0O_RDWRopen(2) するところで Permission denied になるという話 ( ツイートUbuntu日本語フォーラム ) が気になったので、調べてみました。

結論

最終的にどうすれば良いか知りたい人向けの情報としては、 setcap cap_sys_rawio=ep filename でケーパビリティ (capability) を設定する、ということになります。

以下は、その結論にたどり着くまでに調べたことのメモです。

パーミッションと ACL

第 77 回 関西 Debian 勉強会に参加した で書いたように、 audio グループに属しているか、コンソールから直接ログインしていれば パーミッションの問題はないはずです。

余談: デバイスの sticky bit

crw-rw---T になっていて、 もしかして末尾の sticky bit が影響しているのかと思って調べてみたところ、 Re: Sticky bit on device files? によると udev の管理用のフラグとして使われているようでした。 今回の件とは関係なさそうだったので、これ以上深追いはしていません。

AppArmor

/etc/apparmor.d/abstractions/audio/dev/snd/* rw, とあるので、 念のため sudo service apparmor stopAppArmor を止めて試してみましたが、 変化が無かったので、 sudo service apparmor start で戻しました。

カーネルのソースコード探索

strace などで確認しても、 ユーザーランドでは EACCES が返ってくるとしかわからないので、 こうなったらカーネルのソースコードから EACCES を返しているところを 探すしかないということで、 apt-get source linux-image-$(uname -r) でソースコードをダウンロードして探してみました。

grep -r EACCES sound で探してみると sound/pci/hda/hda_hwdep.c で以下のように CAP_SYS_RAWIO をみていることがわかりました。

sound/pci/hda/hda_hwdep.c
1
2
3
4
5
6
7
8
 static int hda_hwdep_open(struct snd_hwdep *hw, struct file *file)
 {
 #ifndef CONFIG_SND_DEBUG_VERBOSE
  if (!capable(CAP_SYS_RAWIO))
      return -EACCES;
 #endif
  return 0;
 }

Linux のケーパビリティ (capability)

Man page of CAPABILITIES が関係しているということがわかったところで、 設定方法も調べてみると、 setcap で設定できるとわかったので、 以下のような簡単なテストプログラムを用意して、 sudo setcap cap_sys_rawio=ep ./a.out でケーパビリティを設定すると open(2) に成功するのを確認できました。 cap_sys_rawio=ep は危険そうなので、 テストプログラムとはいえ、 任意のパスを受け取れるようにするのは止めた方が良さそうに思いました。

open-hwC0D0.c
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 #include <sys/types.h>
 #include <sys/stat.h>
 #include <fcntl.h>
 #include <stdio.h>

 int main() {
  open("/dev/snd/hwC0D0", O_RDWR);
  perror("open");
  return 0;
 }

Comments